プライベートか仕事か

プライベートか仕事か

英語を学びたいと思ってはみたものの学んではいないという人が多いのは時間の限りがあることによるところが大きい

 

人はいろいろな目標を持つのだが、それぞれの目標に達成の瞬間にかかる時間が違うため、英語は目標の中でも難しい部類に入ると思う。
例を出せば、オシャレなカバンを買うという目標があり、この目標を達成するには一瞬ですみます。
ただ、給料の中からお金を払えばその対価として欲しかったカバンを得ることができるからです。

 

しかし、これが英語となるとお金で買えるものではないし、ましては1日でその瞬間でということは絶対にない。
英語という目標を達成するまでに努力が必要だからだ。

 

このように目標として考えれば同じようなことでも、実はその達成までの瞬間というものに大きな違いがある。
そのため英語は難しいとされている。

 

プライベートと仕事、ともに大切だが、その2つを両立し、なおかつその中で英語を勉強するための時間が必要になる。
単語の学習や英会話の表現を覚えるとなればそれなりにどころじゃない時間が必要となる。

 

英語のためにプライベートと仕事どちらも犠牲にしろとも思わないし、片方でも犠牲にしろとも思わない。
一番大切なことはプライベートでも仕事でも英語と触れ合う機会を持つことであると言える。

 

これはすべての人にとって簡単なことではないが、限られた時間の中で英語をと考えるとこれがもっとも良いと言えそうである。