30代の英会話習得に必要な行動

30代の英会話習得に必要な行動

30代になって英語を勉強しようと思うとやはり体力も問題になってきます。当然のことですが、ほとんどの人が受験生のように部屋に閉じこもって1日10時間というような勉強をすることができないと思います。それ以前にそれだけの時間の確保も難しいと思います。

 

なので、できるだけ負担なく勉強を続ける行動パターンを身につけていまうことです。

 

例えば、通勤途中にリスティングをする、仕事の休憩時間に単語を覚える、このように隙間時間に勉強をしていくことが大切になります。

 

小さいことを積み重ねて大きなものとする、そして時間を浮かす、この行動パターンを身につけることができれば苦労なく英語の勉強は進んでいきます。

 

30代は若い人と比較をして勉強体力で劣ると思います。なのでいかに自分に負担をかけることなく時間を確保していくかが大切です。ある程度英語が話せるようになったという実感が得られるまでがもっとも辛い期間となります。それまでは勉強がいやになることも多々あることでしょう。しかし、ここで勉強をやめてしまえば永遠に英語が話せるようになることはないのです。

 

30代の強みというのは若い人と比べて精神力が強いことだと思います。若い人がこの初期段階で勉強をあきらめるところを持ち前の精神力で乗り切りましょう。これができるのが30代、大人の強みです。